MENU

ゴム印の掃除方法は?ブラシや洗剤を使う印面の汚れの落とし方

ゴム印のお手入れ方法。
長くゴム印を使っていると、徐々に文字が読みにくくなってきます。こういうときはインクなどが誇りを吸着して、印面が汚くなっていると思われるので、綺麗に掃除して再び綺麗な印面にしていきましょう。
ゴム印の汚れは放置しているとどんどん固まって取れにくくなってしまうので、定期的にお手入れするようにしましょう。

 

ブラシで汚れを落とす

 

ゴム印を綺麗にする方法は色々ありますが、固まった汚れを書き出すにはブラシを使ってお手入れをするのが一番です。
軽くこするだけでも大きなごみやほこりを落とすことが出来、専用のブラシではなく、使い古した歯ブラシなどでも十分に綺麗にすることが出来ます。
ただし古いゴム印の場合はブラスの固さにゴムが負けて印面が削れてしまうこともあるので、ゴム印の状態を見つつ使うようにしましょう。

 

テープで汚れを取り除く

 

印面を傷つけずに汚れだけを取り除きたいときは、テープを使って汚れを吸着させましょう。それなりの粘着力があればどんなテープでも構いませんが、ガムテープは大き目のゴム印でも十分汚れを取れる大きさですし、粘着力も強すぎず弱すぎない程よい按配なので、古いゴム印でも使うことが出来ます。
使い方としては粘着面に印を押し付けるような形で行うだけなので、適当に何度か押し続けるだけで徐々に汚れが落ちていき、印面がはっきりしていきます。

 

洗剤を使って洗う

 

長年洗っていないゴム印には頑固な汚れが吸着していて、テープやブラシだけでは中々落とすことが出来ません。
そんなときに使われるのが洗剤で、台所用洗剤などをぬるま湯で溶いて、印刷面をつけながら毛の柔らかいブラシなどで洗っていけば、頑固な汚れも綺麗に取れるでしょう。
汚れが完全に固まってしまっているときは、しばらく洗剤に付けておいて、汚れを柔らかくしてから安全ピンの針などを使って、直接汚れを削ってしまうと、より綺麗な仕上がりになってくれます。

 

普段何気なく使っているゴム印も、長年使うことでどんどん汚れが蓄積されていき、最終的には本来出るはずだった印刷が出なくなってしまいます。
もし書かれた内容を正しく認識できなくなったら問題なので、ゴム印は付きに一度程度でもいいので、定期的にお手入れするようにしましょう。