MENU

ゴム印の一般的なサイズは?社名や住所など用途別の人気の大きさ

自分が作りたいゴム印の大きさを考えましょう。
印鑑には様々な種類がありますが、住所や社名などを一度に記入したいときなどに便利なゴム印は、サイズやフォントなど、様々な内容を一から製作してもらう必要があります。
その際サイズも合わせて調整してもらう必要があるのですが、店舗によっては対応してくれないサイズもあるので、注文の際は前もってどの程度のサイズが必要で、店舗側が対応できるサイズを確認する必要があります。

 

 

ゴム印のサイズはどの程度のものか

 

ゴム印のサイズは使用目的に応じて変更する必要がありますが、その大きさはどの程度まで選べるのでしょうか。
対応できる大きさは店舗によって異なりますが、ある通販サイトで注文できる最も大きなサイズは105×145mmとなっており、相当大きなサイズまで対応できることが分かります。
探せばもっと大きなゴム印を製作してくれるところもあるかもしれませんが、一般の業務で使うゴム印なら、十分使用目的に合わせたサイズの印鑑を購入することが出来るはずです。

 

一般的なゴム印のサイズについて

 

大きなサイズのものまで製作することが出来るゴム印ですが、実際の業務においては、ゴム印のサイズはどの企業でもある程度共通しており、商品もそうした一般的に用いられるサイズのもののほうが高い人気を集めています。
売り上げの高いサイズをいくつか上げると、

  • 社名や人名を入れやすい5×31mmや6×31mm
  • 確認印などに使える20mm×20mm
  • 慶弔用の社名
  • 住所印として使いやすい51×13mmあたりのスタンプも人気です。

 

少しのサイズで仕上がりは大きく変わる

サイズの決定は慎重にしましょう。
ゴム印を製作する際、サイズの決定は非常に重要なポイントとなります。
人気のサイズならば問題ないだろうと思っても、いざ仕上がった商品を見ると、大きさがしっくり来ないということが非常に多いので、実際にゴム印を作る際は、実際に大きさを測ってみて、自分で仕上がりイメージを明確にすることが大切です。
場合によってはあまり見られない大きさが理想的なサイズになるかもしれないので、社名が長いなどの特殊なゴム印を製作する際は、慎重に大きさを決定するようにしましょう。

 

ゴム印のサイズは店舗によっては非常に多くの種類があるので、理想的な大きさのゴム印も比較的容易に見つけることが出来るといわれています。
最近は通販サイトでサイズ紹介もしているので、そちらも参考にして理想のサイズを探しましょう。